ドッグトレーナーの資格

ドッグトレーナーの資格は犬の調教をするプロの資格です。犬が好きな人やペットが好きな人に向いている資格です。ドッグトレーナーの資格取得後にはどのような仕事に就くのかと言えばしつけはもちろんのこと、たとえば無駄吠えをするとか、犬とのコミュニケーションのとり方がわからないというような飼い主がいた場合には依頼を受けたうえで犬の調教をするという仕事です。犬と人間は一緒に暮らしていることが多いですから、人間の世界で犬が一緒に生活をするにあたっては守らせなければいけない約束やルールなどもあります。そのルールや約束事に対してきちんとしつけをするというのがドッグトレーナーの仕事です。どうやって犬と接するのか、コミュニケーションのとり方、しつけの方法などを飼い主にアドバイスするのも仕事の一つです。資格を取得する際にはペットのトレーナーとしての技術や知識なども身につけますから、それらのスキルを活用させて、ペットとしての犬以外にも、救助犬や盲導犬などの介助犬の訓練などをするという人もいます。資格取得後の進路はこのように一つではなくいろいろな道に進むことが可能なのです。ドッグトレーナーの資格に必要な知識やスキルは、犬とコミュニケーションを取る方法やしつけの方法、ペットに関わるいろいろな知識が必要になってきます。犬に対しての躾だけでなく、ペットを飼っている飼い主に対してもアドバイスをしなければいけませんから、コミュニケーション能力も必要です。

ドッグトレーナーの資格取得の方法としては、一般的にペット関連の専門学校に通うという方法が一つあります。ドッグとレーナーの仕事というのは経験が必要な仕事ですから、学校に通っている間から、ペットショップやその他ペット関連のアルバイトなどをして経験を積んでおくといいでしょう。ドッグトレーナーの資格取得に関しては犬などのペットが好きなことは当たり前ですが、飼い主に上手にアドバイスができるのか、そして今まで飼い主が行ってきたしつけに対して否定的にならずに相手の方法も考慮しつつアドバイスできるかどうかということも大切になってきます。ドッグトレーナーの資格取得後には、就職をする場所は色々とありますが、ペットショップをはじめとして動物病院などでも働くことが可能ですし独立してドッグトレーナーの資格を活かしてしつけの学校などを開くことなども可能です。様々な進路があります。